読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少女革命ウテナ - (あと 笑う、わらわぅ)

新年度を迎え、既にGWが待ち遠しいこの頃、皆様如何お過ごしでしょうか

私自身は生活はほどほどに、少し古いアニメを毎日見ておりました。

少女革命ウテナ」です。

少女革命ウテナは1997年に放送された全39話のアニメ作品であり、先程少し古いと申しましたが、今も熱狂的なファンも多く、今見ても色褪せない作品でございます。

~~~

まあ私は普段アニメなんてあまり見ないものだからこの難解な物語を一回見ただけじゃ何も理解することはできなくて他解説サイト様を見て、ようやくなるほど~ってなるくらいでした。それでも少し思うものがあったのでこの感想を残すことにしました。筋違いなところばっかりな稚拙な感想だけど許してね。あとネタバレ注意です。

 

---以下、感想---

みなさんは「笑う、わらわぅ」という作品をご存知かしら。

笑う、わらわぅは、「タオルケットをもう一度」シリーズで有名なかなしみホッチキス氏によって制作されたフリーゲームである。私も氏の作品の中では1,2番に好きなタイトルです。

と、いきなり他作品の話をして申し訳ないが、この「笑う、わらわぅ」と「少女革命ウテナ」には非常に共通点が多い(気がする)。今回はまずそれをリストアップします。(どっちもお話が難解すぎるってのは含みません)

あ、わらわぅのネタバレも満載です。

 

少女革命ウテナ」と「笑う、わらわぅ」における共通点

  • カキワリのような背景
  • 不条理な世界
  • ウテナもわらわぅも悲劇の中にいる
  • たびたび王子様というワードが出るが、王子様は現実には存在しない

 

1, 2番目の共通点である「カキワリのような背景」と「不条理な世界」は、舞台装置として虚構があり、虚構によって物語が構築されていることを示している。

少女革命ウテナにとって虚構とは、王子、決闘広場、空に浮かぶ城であり、最終盤のプラネタリウムが暴くとおりである。さらには鳳学園や魅力的な登場人物たち... ウテナやアンシーまでも虚構である。もちろん私たち視聴者にとってはアニメ作品はみなすべて虚構のお話であるのだが... 少女革命ウテナでは虚構の中に虚構が内包している入れ子構造となっている点も注意したい。

では現実はいかにして表現されているか。それは権力、財力、ルックス、知性、運動能力、話術など、現実世界において価値があるとされるものすべてを併せ持つ鳳暁生その人である。といっても、鳳暁生(世界の果て)は虚構の中の現実であり、ウテナにとっての現実のシンボルにすぎない。虚構の中に存在する現実はもちろん虚構である。我々の住む現実もいわば虚構のうちなのかもしれない、ってのはSFとかによく出てくるテーマですね。

中国の有名なお話に胡蝶の夢というものがある。夢の中で蝶としてひらひらと飛んでいたところ目を覚ましたが、はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか、という話である。つまり現実と虚構の間に絶対的な境界線はなく、すべては夢であり、現実であるということである。

話はちょっと戻って、現実の象徴である鳳暁生にウテナは一時的に強く焦がれる。しかし先程も述べた通り、現実は夢であり、虚構なのである。そこに絶対的な価値というものは存在しない。

ではウテナは何に価値を見出すか。作中で薔薇の王子様は奇跡や永遠、光といったものとされる。しかし実際には王子様といった理想は存在しない。"王子様"は虚構である。同じく王子様の格好をする"ウテナ"も虚構である。物語の最終盤、虚構の存在であるウテナは、そこに永遠があるという薔薇の門を開ける。そこには、かつて悲しみにくれる少女であった自分が閉じ込められていた柩があった。柩を開けるウテナ。中には同じく虚構の存在であるアンシーがいた。アンシーとは、かつて悲しみに囚われて生きることができなくなったウテナがその苦しみと悲しみを忘れるために封印した自分自身である。ウテナは苦しみと悲しみを忘れた純粋な理想として、アンシーは苦しみと悲しみを一身に背負い、それぞれ虚構の中で生きていた。そして、物語の果てにウテナは柩を開けたのだった。

タイトルの少女革命とは。作中では繰り返し、革命という言葉が出てくる。世界とは自分自身であり、世界の殻とは自分自身の殻であり、世界を革命するとは、自分自身を超克せしめんとすることなのである。少女革命ウテナとは、ひとりの少女が虚構の世界と現実の世界を超えて、さらには自分自身を超克する物語なのである。

 

 

わらわぅの話をするのを忘れていた。

わらわぅも虚構の中で生きている。現実のわらわぅは植物人間状態である(その点ではウテナと同じ悲劇の少女であるが...)。そのため、ママぷっちから教えてもらったお話の世界と、そこから自分が派生させたお話の世界を意識の棲家として生きていた。ママぷっちはあまり頭がよくないため、いつも同じようなお話ばかり聞かせてくる。わらわぅもすでに高校生といった年齢なのに、わらわぅをモチーフにしたお姫様と、それを救ってくれる王子様といった構成の話ばかりである。それだけだとさすがに飽きるのか、わらわぅはママのお話を派生させて新しいお話(虚構)の世界を次々に創造していった。自らが生み出した虚構の世界も一時的には良い退屈しのぎとなっていたが、現実では植物人間の身である。いつも変わらない部屋に、いつも変わらないママのお話。そして無限の時間。お話とは自分の外から何か刺激を受けて作り出されることが多いという。同じくわらわぅも新たな刺激というものがないと、虚構の世界を新たに生み出して、維持するのは難しいのであろう。そういった状況でいつも同じ虚構の世界の中で遊ぶのにも限界がある。わらわぅは次第に虚構の世界に飽きてきたのだった。そして溜まりに溜まったフラストレーションは虚構の世界に破壊をもたらす(この破壊行為も会話から察するに一度や二度のことではなさそう。次第に破壊が起きる周期が短くなっているとも)。そうして破壊しては創造してを繰り返し、少しずつボロボロに錆びていく思考の中で、わらわぅはいつか寝たきりの自分が、蛹が蝶に羽化するように、元気に飛び回れるようになる夢を願い続けるのであった。完。

ってところで「笑う、わらわぅ」は完結する。えーそれじゃあんまりだよーってかなお氏に訴えたくなるが、作中でたった一つだけ希望が描写されている。それは現実世界でママぷっちがお部屋から出ようとした時に、わらわぅの寝てるベッドの横にある棚から、お人形のにゃにゃも様が落ちるシーン。にゃにゃも様は虚構の世界の中では、常に高慢な態度をとっているがわらわぅが困っている時は必ず助けてくれるという位置づけをされたキャラクターだった。

 

 

といった具合で、想定では両作品の共通点を比較して書くぞーって感じだったんだけど、どちらも難解でちょっとおつむが足りませんでした。しかしながら、どちらも非常にいい作品です。虚構の中に生きる少女たちとその結末って感じで対比してみると面白いかもです。尻切れトンボかつネタバレ全開で書いたけども、もしどちらかの触れたことがない作品に興味をもったらぜひプレイしてみてほしいです。

【歌詞】 みとせのりこ / violzkar ~菫の地図~

violzkar ~菫の地図~

作詞 : Noriko Mitose 作曲,編曲:Koh Mitaki

 

ひとつの目は 徒人(ただひと)の

――― 世界の明(あけ)に

可視の真昼 写しとる

――― 息づくもの等を

ひとつの睛(め)は 幽世(かくりよ)の

―――世界の深淵(ふち)の

不可視の夜を映し出す

 

―――片の目を 夜に還し

供犠(うしな)ったその眸(ひとみ)の

―――その裡(うち)に宿らせた

精霊の幻視(ひかり)を繋ぎ 時代(とき)を語り継いで

たどる足跡の途(みち)

永久(とこしえ)に重ねられてく御霊に 祈りは紡がれる

 

紅(あか)は地(つち)の動脈を

―――朝露の野に

靑(あお)は天(そら)の静脈を

―――ひそやかに咲いた

世界 循環(めぐ)る 心臓の

―――小さな花の

軌跡が標す 菫の地図(ヴィオルツカ)

 

―――それはただ 一度きりの

永遠と紛うほどの

―――継承(つな)がれる 巡礼の

繰り返す旅路に注ぐ 虹を編む雫と

風が綴った予言(もじ)を

高い塔 響く鐘(カリヨン)の音を 見届けるために

 

久遠(とわ)と刹那結び 糾(あざな)われる

変わることのない 願いを幾重にも刻んで

ともに時を旅した片の目が 醒めぬ眠りについても

祈りは紡がれる

 

―――今はもう、誰も知らない記憶

 

【歌詞】 みとせのりこ / 薄氷(うすらい)

薄氷(うすらい)

作詞 : みとせのりこ 作曲 : 篠本実篤 編曲 : 柳英一郎

 

窓の中に重なる夜の垂帷に睛を沈めて

そっとなぞる手探りの闇の中に声をなくしてく

 

髪に触れる指も

刃のよう

心を切り裂くのは何故

 

口移しに伝える悲しみさえ

届かず 夜の底消えてゆく

いっそひとり壊れてしまえるなら

浅い夢のまま

 

触れた指が月の光の棘のように心に刺さる

愛しさより灼けつく熱い痛みばかり胸に残る

 

硝子の瞳(め)に映る

凍りつく欠片は

逆さまの刹那

 

意味でさえもわからぬ罪に怯え

目を閉じ祈りを繰り返して

何を待つの 何故(どうして) 何を求め

赤い闇の中

 

愛してるとどんなに声にしても

自分を護るすべさえもない

抱きしめてその手で 癒えぬ傷に

どうぞ口づけて

――傷つけて

 

Bass, Backing vocal, Programming : 柳英一郎

Acoustic Guiter : 太田光

Violin : 小林明日香

【歌詞】 みとせのりこ / 廃墟の心臓

廃墟の心臓

作詞 : みとせのりこ 作曲 : Dani 編曲 : Dani

 

"わたしは眠る廃墟の心臓"

 

季節の歯車は壊れて

世界の時計は春と夏を一度に指す

 

スフレのような風を受けて歩く

小手毬と木香薔薇が咲きかけの午後は

いったい、どこへ行ってしまったのだろう

 

消えてしまった午後を探してわたしは眠る

眠りの中にやわらかなあの午後への入り口を探して

そして迷い込む夢の庭園

祝福された満開の庭

 

五月の螺子を捲き戻して

見上げる空色 花と花の翳に揺れる

 

薄紙のような白い白夜月(はくやづき)と

鈴蘭がかすかに鳴らす鐘の音と

それはあの遠い日に見た花園

 

やっとみつけた午後を彷徨いわたしは歩く

緑の狭間 花たちの子守唄とさざめきを探して

そして辿り着く夢の楽園

祝福された満開の庭

 

薔薇の天蓋 蔓草の振り子揺れ

午睡の時間を刻む時計(はり)は

永遠の春を唄う

 

浅い午睡の終わり 三日月の針は傾(かたむ)く

楽園の門扉(もん)をくぐり現実(せかい)へ戻る

そこにはもう 誰もいない

 

時の死に絶えた街 世界は全てわたしのユメ

花の寝台 菫(すみれ)の柩の底に永遠(えいえん)を探して

そして辿り着く終(つい)の楽園

祝福された満開の庭

 

わたしは眠る廃墟の心臓

 

All instruments : Dani

Violin : 壷井彰久

【歌詞】 みとせのりこ / cercueil blanc ~白の柩~

cercueil blanc ~白の柩~

作詞 : みとせのりこ  作曲 : 多田遠那  編曲 : 遠藤成樹

 

悲しみで織り上げた 薄絹のドレス

凍てついた寝台に ひとりよこたわる

 

穢れも罪も神様さえも

すべてを忘れて

 

夜を蝕(は)む闇の腕の中

ただひとりこの身を投げ出す

くりかえす果敢無い儀式に

つかのまの祝福を

 

もしも希いが叶うのならば

どうかこのままで

 

誰の手も触れることのない

ひとひらの羽を身に纏い

ただひとつ捧げる祈りは

清廉の柩 cercueil blanc

 

白皙(すきとお)る頬を埋めつくし

降りそそげ白い花びらよ

もう二度と目醒めぬ眠りと

永遠の祝福を

 

Oboe : 佐藤亮一

Piano : 鶴田萌子

All instruments : 遠藤成樹

 

RPGツクールの思い出

現在、時刻は7時に差し掛かり、空はすっかり白く明るんでいる。

 

今日は午前から予定があるので早めに寝ようとしていたのだが、急に、中高生時代に作ろうとしていたRPGツクール作品のことを思い出した。頭の片隅からそれらの記憶を追ううちに3時間が過ぎていた。

このままではわずかな時間しか眠れないし、寝たとしても予定の時刻までに起きることができる保証もないため、どうせならこうして記憶を形として残しておくことを選んだ次第である。

 

中学生当時、私はいわゆるニコ厨であり、また私にとって当時のニコニコ動画は今はなき輝きに満ちていた。その煌めく動画群の中でも、特にルーツ氏の「中二の頃作った黒歴史RPGを実況プレイするぜ」が好きだった。(動画は以下)

www.nicovideo.jp

概要 : 自由気ままなストーリー展開に翻弄されるルーツ氏。やがてストーリーは未完成のまま進行不能状態となってしまう。しかし、ルーツ氏は少年時代の物語を最後まで完成してみせる。

当時の私はこの動画に感銘を受け、自分もRPGを作ってみたいと思うようになった。

そして中古でPS2用ソフト「RPGツクール5」を購入し(500円くらい)、自分だけのゲームを作ろうとした。...のだが、初心者ツクラー(*ツクラー : ツクールシリーズのユーザーの俗称)の宿命かな、ゲームは完成することなく制作は頓挫してしまう。

頓挫した原因としては、RPGツクール5が非常に難易度が高かった(ゲーム内イベントのつくりかたがプログラミングに近い。そのため自由度は高いがやはり上級者向けである)ことと、ストーリーがおおまかにしか決まってなくて、実際にゲームを作ろうとする時に細かいイベントを考える脳みそがなかったことが考えられる。

 

この出来事によって少年であった私は、ゲームに限らず何か作品を最後まで作ることは難しいということを学ぶのだが、月日が経つにつれて未完成の作品のことは忘れ去られていった。

 

さらに時間は流れ、本稿の冒頭に至る。

本来の流れであれば、私も偉大なるルーツ氏のように昔作った未完成の物語を完結させるというのがスジであるのだろうが、正直今の私には精神的にも時間的にも余裕がないため、頭の中から掬い上げることができた物語のプロットだけでもここに記しておくことにする。(記憶の内容は非常に曖昧で、また現在の自分の思考と混濁していることを留意されたし。)

 

以下プロット

 

 ゲームのタイトルはちゃんと決まってなくて、仮タイトルとして「season gathering」としていた。

  • 季節集めという意味ならgathering seasonの方が正しいのでは

ある日、妖精界に住む、妖精の少女「シキ」は、妖精の王の勅令を受ける。

勅令の内容 は、「人間界の時間を動かす「時の歯車」が何者かによって盗まれてしまったため、人間界の時間が止まってしまった。 王や他の妖精達は忙しいので暇なシキとその辺にいた黒ネコのお前たちふたりがどうにかして時の歯車を取り戻して人間界の時間を元に戻すのだ。」といったもの。

  • 猫がパーティメンバーなのは完全にルーツ氏の影響を受けている

 シキと黒猫(話せる)は別の場所にワープできるという大きなゲートをくぐり、白い光に包まれる。

ゲートを抜けた先には暖かな日差しと、草花が生い茂る草原が広がっていた。

そのまま歩き、程なくして街を発見する。

街で話を聞くと、ここは春の世界であるということがわかる。

さらに話を聞くと街を外れた先に洞窟があり、そこに町人の大事なアイテム(思い出せない)を盗んだ輩がいるとのこと。

街を出て北にずっと進むと、大きな壁にぶち当たる。壁は緩やかなカーブを描いていて、壁沿いに進むとそれが巨大な円柱であることがわかる。壁の中は現時点ではわからない。

そして壁に沿って進むと例の洞窟を発見する。洞窟の最奥でエルフのような男の盗賊と会う。どうやらこいつが例の盗人らしくて戦うことになる。

盗賊をこらしめて街に戻り、町人にアイテムを返すとお礼に(?)時の歯車を手に入れる。時の歯車はどうやら4つあるらしくてすべて集めないといけないらしい。

  • 実際にゲームに落とし込んだのはここまでである。あとは設定だけなので詳細なイベントなどはない。
  • ちなみにゲーム内の魔法は春夏秋冬で属性分けされている。春魔法は回復。夏魔法は火のエフェクト、秋魔法は風や雷のエフェクト、冬魔法はやはり氷のエフェクトが現れる。春を除いた攻撃三属性は、夏魔法は冬属性に強く、秋魔法は夏属性に強く、冬魔法は秋属性に強いといったふうに三竦みになっていた。逆だったかな?

そして世界をぐるりとまわると空に続く階段があり、登ったその先は夏の世界だった。そうしてシキ達は春夏秋冬の4つの世界を旅し、登っていき、時の歯車を集めていく。

冬の世界にある階段を登った先はどうやらこの春夏秋冬の世界の頂上で、今まで登っていた世界は大きな樹であったことがわかる。頂上にある神殿の最奥にある機械に時の歯車を嵌め込むと、機械が動き出し下に向かう階段が現れる。どうやら時の歯車だと思っていたものは本物の時の歯車ではなく、まだ人間界の時間は元に戻っていないようだ。シキと黒猫は階段を降りていく。

  • 昔は魔界塔士SaGa世界樹の迷宮のように塔を登っていくゲームをよくプレイしていた。春夏秋冬は世界樹IIのパクリかな。
  • 頂上の神殿は位置的には春の世界にあった円柱状の壁の中と同じ場所にある。言い忘れていたが、円柱状の壁は夏秋冬の世界にもある。つまり階段の下は円柱の中である。

階段を降りた先はまた冬の世界だったが、先程とは違い、世界は壁で囲まれており常に暗い。

円柱の外の冬の世界で発生した出来事の裏側や関わった人々の裏の面がわかるようになる。

何かしらの事件を解決するとかで本物の時の歯車を手に入れる。新たな階段が現れる。降りる。次は秋の世界。

と言った感じでこんどは冬秋夏春の順に裏の季節を進んでいく。進む毎に世界は悲惨になる。

春の世界の階段を降りると地獄のような光景が広がっている。どこかにある神殿を探す。神殿の最奥には形容し難い怪物が機械を守っている。怪物を倒して機械に本物の時の歯車を嵌め込むと、機械が動き出し、シキは白い光に包まれて意識が途絶える。

シーンは移り、少し大人の姿になったシキが現代風の部屋で机にうつ伏せになって寝ている。シキは目を覚ますと、机の正面にある窓を開けて、深くのびをしたあと、部屋の外に出かけていく。開けっ放しの窓から桜の花びらがひらひらと入ってきて机の上に落ちて終わり。

  • 夢オチである。
  • 夢オチのままだとあんまりなので、シキの少女時代に起こった出来事と夢の世界を通して折り合いをつける的なストーリーだったら良かったかもしれない。夢の世界で過去を示唆する伏線を入れたり。どちらにしても細かいイベントを設定するのはやはり難しそうだ。
  • 世界を降りていくのはアルトネリコのコスモスフィアっぽいなあと。コスモスフィアは世界を降りていくと次第にヒロインの深層心理がわかるという演出をしている。この作品も次第にシキの深層心理が判明していく(もしくは示唆する程度の)感じだったら面白かったかも。

プロットは以上であるが、やはりストーリーは破綻していて、細かいイベントがひとつも考えられてない状態で... もう何もかもが非常に稚拙なものであったけれども、それでも私にとっては非常に愛しい物語だったのだ。私も少年時代との一種のけじめとしてこのプロットをここに置いておこうと思う。