読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【歌詞】 みとせのりこ / violzkar ~菫の地図~

violzkar ~菫の地図~ 作詞 : Noriko Mitose 作曲,編曲:Koh Mitaki ひとつの目は 徒人(ただひと)の ――― 世界の明(あけ)に 可視の真昼 写しとる ――― 息づくもの等を ひとつの睛(め)は 幽世(かくりよ)の ―――世界の深淵(ふち)の 不可視の夜を映し出す ―――片…

【歌詞】 みとせのりこ / 薄氷(うすらい)

薄氷(うすらい) 作詞 : みとせのりこ 作曲 : 篠本実篤 編曲 : 柳英一郎 窓の中に重なる夜の垂帷に睛を沈めて そっとなぞる手探りの闇の中に声をなくしてく 髪に触れる指も 刃のよう 心を切り裂くのは何故 口移しに伝える悲しみさえ 届かず 夜の底消えてゆく …

【歌詞】 みとせのりこ / 廃墟の心臓

廃墟の心臓 作詞 : みとせのりこ 作曲 : Dani 編曲 : Dani "わたしは眠る廃墟の心臓" 季節の歯車は壊れて 世界の時計は春と夏を一度に指す スフレのような風を受けて歩く 小手毬と木香薔薇が咲きかけの午後は いったい、どこへ行ってしまったのだろう 消えて…

【歌詞】 みとせのりこ / cercueil blanc ~白の柩~

cercueil blanc ~白の柩~ 作詞 : みとせのりこ 作曲 : 多田遠那 編曲 : 遠藤成樹 悲しみで織り上げた 薄絹のドレス 凍てついた寝台に ひとりよこたわる 穢れも罪も神様さえも すべてを忘れて 夜を蝕(は)む闇の腕の中 ただひとりこの身を投げ出す くりかえす…

RPGツクールの思い出

現在、時刻は7時に差し掛かり、空はすっかり白く明るんでいる。 今日は午前から予定があるので早めに寝ようとしていたのだが、急に、中高生時代に作ろうとしていたRPGツクール作品のことを思い出した。頭の片隅からそれらの記憶を追ううちに3時間が過ぎてい…